【おしゃれ】おすすめエレクトロニカミュージック【癒し】

エレクトロニカとは、電子音楽で構成された音楽全般のことですが、ジャンルは多義に渡ります。僕は、その中でもグリッチノイズやアンビエント、また変拍子を使用したポストロックに通じるような複雑で前衛的な音で構成され、尚且つポップでキラキラしたサウンドが特徴の心地よいエレクトロニカを好んでます。(説明下手ですみません。)

簡単に言うと、洒落たちょっと意識高い系で、パリピとは一線を画す根暗っぽい人が聴く音楽だと思います(笑)。

そんなエレクトロニカというジャンルの中から、僕が大好きなおススメアーティストを紹介していきます。

 

 

1.serph

「東京在住の男性によるソロ・プロジェクト

2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』を発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。」(引用:www.noble-label.net/artist/?ja&serph)

 

綺麗なメロディーと畳みかけるような曲展開、複雑な音の配置が大好きです。

アルバムは「feather」、「pen on stapler」、「azul」が収録されている「vent」がおススメです。

今年の4月に4年振りの2ndライブがありましたね。僕はチケット取ってめちゃくちゃ楽しみにしていたのですが、急遽仕事が入って行けなくなってしまいました。悔しすぎる!

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2.i am robot and proud

カナダトロント生まれ、在住の中国系カナダ人であるショウハン・リーム(Shaw-Han Liem)によるソロプロジェクト。 

キラキラ、ピコピコしたポップなサウンドが特徴で、エレクトロニカ入門者にも非常に聴きやすいです。アルバムをこれまで6枚リリースしていますが、どのアルバムもいずれも名盤です。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

3.haruka nakamura

アコースティックギター、ピアノ、ピアニカなどを使用し、アンビエント、ミニマル、フォークトロニカ等と親和性が高い楽曲。

近年では、ポストクラシカルや教会音楽のような方面へシフト、より前衛的で孤高な存在みたいになってます。

ライブがいつもソールドアウトで、一度生で観てみたいアーティストです。

最近はフェスにも出演しているので、野外で聴けたら最高だなあ。

個人的に一番好きな曲は「graf+」。

www.youtube.co

最近のポストクラシカルな路線では「光」がおすすめ。圧巻。

 

www.youtube.com

 

4.no.9

「音と共に暮らす」をテーマに、日々の暮らしに寄り添う楽曲を生み出す作曲家・城 隆之のソロプロジェクト。
90年代初頭から生楽器、多重レコーディング等による作曲活動を開始。
97年にno.9名義にてエレクトロニクスとアコースティックの融合による作品を発表。」引用:http://nano-graph.com/no9/bg.html)

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

5.esno

esnoは音楽プロデューサー西原 健一郎によるプロジェクト。

2013年、当時まだ無名だったdaokoとのコラボレーション「夕暮れパラレリズム」を発表。

ちなみにPVの女子高生はほのかりんです。

アルバム「visionary」の楽曲は、水曜日のダウンタウンとかでよくジングルに使われてます。

 オシャレでキラキラ感があって大好きです。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

6.宮内優里

「作曲家/音楽家。1983年生まれ。千葉県八街市在住。これまでに6枚のアルバムをRallye Labelよりリリース。生楽器の演奏とプログラミングを織り交ぜた、有機的な電子音楽の制作を得意とする。アルバムではこれまでに、高橋幸宏原田知世小山田圭吾星野源、It’s a Musical、GUTHERなど、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。」(引用:http://miyauchiyuri.com/bio.html

 

ミニマル系フォークトロニカ。多重録音を使用して一人で全ての音を再現しています。

ライブ凄すぎて見入っちゃいます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

いかがでしたでしょうか。

邦楽アーティストが中心になりましたが、個人的にはエレクトロニカは日本人の作品が好きです。哀愁感があり、作りこまれた繊細な音作りは、日本人ならではって感じがします。

 

ではでは。

【バンド】2018年ブレイクしそうなアーティスト【シンガー】

2018年も半年近く経ってしまいましたが、今年ブレイクしそうなアーティスト、個人的に今一押しのアーティストを紹介します。

 

1.fam

2005年結成。千葉発。米田孟正(Vo.Gt)山崎聖之(Dr)有田竜太郎(Ba)のスリーピースメロディックバンド。

メジャーデビューから解散まで2年半の活動を経て、2011年、人気絶頂時に突然の解散。
若手バンドマンへの影響は凄まじく、再結成後は対バンオファーが後を絶たない、とのこと。

筆者も当時、都内のインディーズバンドシーンで弱小バンドとして活動していましたが、当時のfamの人気と実力は凄まじく、同業者からの評価もめちゃくちゃ高いバンドでした。あまりメロディックパンクって個人的に聴かないんですが、famだけは別格にかっこいいと思います。

そのfamがなんと復活をし、今年2018年6月に9年振りにフルアルバムをリリースするとのこと。

月日は流れましたが、本格的に活動再開するとなれば再ブレイク間違いなしのバンドだと思います。

ちなみに読み方は「フェイム」です。最初「ファム」だとずっと思ってました。

www.youtube.com

ドラムかっこよすぎ。husking beeやハードコアファンクラブでも叩いてる方です。

 

www.youtube.com

硬派でストイックなかんじが好きです。

 

2.majiko

「天性の歌声で聴く者を魅了するネットシーン発の実力派女性ボーカリスト

母親がボーカリスト/ボーカルトレーナーということもあり幼少の頃からROCKSOUL、JAZZ、ときには民俗音楽も流れる音楽の絶えない環境で育つ。
近年では海外のライブイベントにも多数出演。国内にとどまらずワールドワイドな活躍をみせている。」

 

もうかなりブレイクしちゃっているみたいですが。

僕はspotifyでたまたま見つけて出会いました(haruka nakamuraをよく聴いてたからかな。)

ユニバーサルミュージックが今猛プッシュしているみたいなので、この先もっともっとブレイクするのではないかと思います。

 

www.youtube.com

サビの張り裂けるようなハイトーンボイスにドキッとしてしまいます。

 

www.youtube.com

haruka nakamuraとのコラボ。

 

3.Alaska Jam

2010年4月活動開始。 ヒップホップとロックを真正面から合体させたバンドサウンド。ギターは今を時めくKEYTALKの人です。

個人的にはFASHIONが聴きやすくて好き。ドライブや休日のお出かけの時に聴きたいですね。

メンバーが超多忙なので活動する時間作るのが大変そうですね。

長く活動していって欲しいバンドです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 それにしてもSG長いこと愛用してるなあ。

 

 

以上、ジャンルバラバラな3組を紹介致しました。

3組ともエモーショナルな表現ってのが共通していると思います。

そういうアーティストが僕は好きだし、また多くの人にも届くのではないかと思います。今後の活動も楽しみにしていきたいです。

 

 

【2018】今年夏フェスでビール片手に踊りたいバンド【イカす】

もうすぐ夏フェスの季節。

素敵な音楽とビールでワイワイ踊りたいですね。

そんな今回は、今年夏フェスに出演する、または個人的に出演してほしい要チェケラバンドを紹介します。オシャレ系、ファンク、ダンスミュージックが中心です。

(※ライブ出演情報は、2018.05.25現在までに発表されているものです。)

 

1.toconoma

スペアザをもっとタイトでファンクっぽくしたようなジャムバンド

2018.07.27-29 FUJI ROCK FESTIVAL
2018.09.08 BAYCAMP 

に出演が決定しています。

www.youtube.com

 

2.mabanua

オシャレセンスの塊。前身バンドのovallが最近復活して、そちらもカッコ良いです。

9/22(土), 23(日) 「山人音楽祭2018」出演決定。

www.youtube.com

 

3.onigawara

竹内電気のメンバー。google play musicCM曲でもお馴染みですね。

ライブがとにかく楽しそう!

2018.06.01 LOVE MUSIC FESTIVAL 2018

2018.06.02 SAKAE SP-RING 2018

2018.06.16-17 YATSUI FESTIVAL! 2018

2018.09.09 夏の魔物2018 in OSAKA 出演決定。

www.youtube.com

 

4.zazen boys

グルーヴやばすぎます。ベースの松下さん脱退してしまったのが残念過ぎる。

ライブで踊りまくりたいですね。

2018.06.17 鹿児島焼酎&ミュージックフェスin 代々木公園に出演決定。

しかも入場無料みたいですよ!行きたい!

www.youtube.com

 

5.fula

知名度は少し低いですが、野外フェスで聴くのにぴったりのバンド。

2016年にボーカルの字引さん以外のメンバーが脱退してしまいましたが、2017年新メンバーを迎えて再始動しています。またフェスに出てほしい!

www.youtube.com

 

6.nulbarich

彗星のごとくオシャレシーンに現れましたね。演奏もめちゃくちゃかっこいいなあ。

2018.06.02 頂 -ITADAKI- 2018

2018.07.14 J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna

2018.07.14-15 CORONA SUNSETS FESTIVAL 2018

2018.07.29 WILD BUNCH FEST. 2018

2018.08.04-12 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

2018.08.18-19 MONSTER baSH 2018

2018.08.19 SUMMER SONIC 2018 東京

2018.08.31 908 FESTIVAL 2018

2018.09.01 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018

2018.09.22-23 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018

2018.10.07-08 THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018

 

5月25日現在、これだけのフェス出演が決定。大人気ですね。

www.youtube.com

 

7.suchmos

STAY TUNE生で聴きたいなあ。

これはみんなで合唱しているのかな。

 

2018.07.29 FUJI ROCK FESTIVAL’18

2018.09.02 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018

出演予定。

www.youtube.com

 

番外編.ダン・ディーコン

最後に外タレで個人的に今一番観たいアーティスト。

ボルチモアの奇才。ゆるキャラみたいなルックスですが、ライブパフォーマンスが圧巻です。2016年にTAICOCLUB来日していたみたいですね。

観に行った人うらやましー!

今のところ来日の予定はないですが、来日した時は是非いきたいです!

www.youtube.com

 

いかがでしたでしょうか。

今回は踊れてワイワイ出来る系をピックアップしてみましたが、個人的にはしっとりアコーティックとかで静かに聴くアーティストも好きなので、今度はそういったのも紹介できればと思います。

 

ではでは。